【2020年】アドセンス広告設置

やっと、アドセンスに合格して、広告設置しようと思ったら分からない事が出てきます。

テーマによって簡単に設置できたり、アドセンスの自動広告設置だったり、

自動広告と、テーマの設置場所両方を有効にしてみようと、設置した方法を備忘録として残してみます。

tonton

何とかなるっしょ!

スポンサーリンク

自動広告の設置

まず、自動広告を配置する場合は、審査をしてもらうときに貼ったコードはそのままで大丈夫です。

審査コードも自動広告コードも、同じなので。

もちろん、コードを貼る場所も、(<head></head>)内に挿入なので、アドセンスに合格したら、

そのまま自動広告設定をすれば、サイトに広告が自動挿入されていきます。

設定方法

アドセンスにログインしたら、広告をクリック。

すると、サイト名の右端の鉛筆マークをクリック。

自動広告をオン!

広告のフォーマットをオンにするか、しないか、自分の好みで設定します。

アドセンス側の自動広告設定は、以上で終わりです。

新しい広告ユニットの作成

アドセンスにログイン。広告をクリック。

広告ユニットごとの広告のタイプを選択しましょう。

ディスプレイ広告を選んだら、レスポンシブで作成。

広告コードの名前は自分がわかればいいと思います。

コードをコピーして、Cocoonに貼っていきましょう。

 

COCOONアドセンス設定

Cocoon設定から広告をクリック。

すべての広告を表示にチェック

広告ラベルは、広告かスポンサーリンクでいいと思います。

つけていない人もいるみたいですが、記事を読んでくれる人に広告ですよと、分かりやすく表示する事が

アドセンスのポリシーにもなっているので、つけた方が良いと思います。

アドセンス広告を貼る。

アドセンスの広告コードを貼るんですが、COCOONの場合、エラーが出るので、色々試したんですが、

WAF設定で、無効化してみたり、SiteGuardからWAFチューニングサポートで、ログを見てもログが出ておらず、

参照できるログがなかったので。。。。なので、scriptタグを取り除きました

人によって、対応方法できたりできなかったりと、バラバラみたいですが、私の場合は、この方法でしか広告を貼ることができませんでした。

エラーの対処方法

私の場合、下の広告コードのscriptタグの部分をすべて消しました。

上の画像を参照していただくと、どこからどこまで消したかわかると思います。

アドセンスの表示方式

アップデートされる前は、自動広告とマニュアル広告両方設定という欄があったみたいですが、現在はありません。

マニュアル広告設定を選択し、アドセンス側の自動広告もONにしてみました。

ちゃんと、両方設定できていたので、大丈夫です。

広告表示位置

自分の配置したい広告の位置にチェックを入れて、詳細設定の広告タイプを選びましょう。

設定してみて、自分の書いたページでどんな風に表示されるか見てください。

バランスとか、自動広告の感じとかで、選ぶ広告タイプが変わってくると思います。

まとめ

自動広告だけだと、表示されたりされなかったり。広告だらけになったりするんだけど、

マニュアル広告を設定した場所には自動広告が入ってこないので、ページが広告だらけになることも無いようです。

規約違反にならないように、広告を貼った後はチェックも忘れないようにしてください。