Luxeritasカスタマイザー設定 【CSS】

カスタマイザーのCSS設定と、シンタックスハイライターのCSS設定。

最初は戸惑うシンタックスハイライター。

CSSの設定と一緒に設定すれば、記事を書くときに利用しやすくなります。

スポンサーリンク

CSS

Bootstrap を利用する場合は、Bootstrap を選択してください。

見た目が変わらないとの事なので、私は高速・軽量のLuxeritas Modeを選択していますが、

Bootstrap の使い方がよくわからないというのが、正直なところです。

自分でカスタマイズすることも、まだまだできないので、Bootstrap の知識がなくても使える、

Luxeritasが私にはとても助かっています。

外部CSS直接入力

テーマのCSSをHTMLに埋め込むにチェックを入れていますが、これは、埋め込んだ方がいいのかどうかは、

自己判断になります。

遷移回数によっては外した方がいいみたいですが・・・

WordPressのブロックライブラリ用CSS

ここは非同期にしました。

調べると、Luxeritasのアップデートによって、選べるタイプが増えていることがわかると思います。

人によっては、初期設定のままだっだり、埋め込まないだったり、その時の設定で教えてくれているので、

今一番合っている設定だと思います。

シンタックスハイライター設定

これは記事にCSSを記入する時に使うものです。

カスタマイズなどした時の、CSSを記事途中に入れる場合、シンタックスハイライターを使わないと、

記事の形が崩れてしまうので、記事を書くときには使うようにしましょう。

それぞれの色

シンタックスハイライター使い方

ブロックの追加で、シンタックスハイライターを選ぶ。

選んだら、右側の設定の言語を選びましょう。

そしたら、自分が貼りたいCSSをブロックに貼り付けたらOKです。

シンタックスハイライターの設定で選んだ色で、記事内で表示されます。

tonton

プレビューで確認してください。
投稿ページでは、色の確認はできないので。

ウィジェット用のCSS

使っていないウィジェットはチェックを外しましょう

以上で、CSSの設定は終了です。

一つずつ調べながらやっていると、時間がいくらあっても足りないですね。

それでも簡単に設定できるようになっているから、すごく助かっています。