Google reCAPTCHA V3導入とinvisible reCaptcha設定方法

ブログをやり始めた頃、導入していなかったので、迷惑メールが届きました。

導入してから今のところブロックされているみたいなのでスパム対策として導入した方がいいと言う事がわかったので、

まだ、スパム対策をしていない人は導入してみてください。

それでは、スパム対策として、Google reCAPTCHA(V2・V3)を導入していく方法と、

invisible reCaptcha for WordPressを設定していきます。

画像多めで解説していきます。

スポンサーリンク

Google reCAPTCHA

サイトにreCAPTCHAを設定するには、サイトキーとシークレットキーが必要になります。

そのための登録をしていきます。

登録をするには、Google アカウントが必要になります。

公式サイトにログインしてください。

公式サイトにログイン

赤枠の管理コンソールから、ログインしてください。

サイトの登録をしていきます。

ラベルは自分がわかるようにつければ大丈夫です。

いくつかのサイトを運営していると、いくつも登録する事になるので、どのサイトかわかるようにつけるといいと思います。

オーナーの所は、アカウントのメールアドレスが表示されていると思います。

同意をして送信する。

サイトキーとシークレットキーの取得完了

サイトキーとシークレットキーは、reCaptchaの登録に必要になるので、このページはこのままにしておきましょう。

Invisible reCaptchaをインストール

ダッシュボード➡ プラグイン➡ 新規追加(Invisible reCaptcha)を入力。

色々出てくると思いますが、私はInvisible reCaptcha for WordPressをインストールしました。

理由はこちらの記事に書いていますので、ここでは省きます。

インストールが完了したら、有効化してください。

設定

Invisible reCAPTCHA 設定

・Your Site Key(サイトキー)

・Your Secret Key(シークレットキー)

この2つを、先ほど取得したページからコピーして貼っていきます。

・Languageは、Japanese

・Badge Positionは、inline

WordPressの設定

ここは全部チェックでも問題ありません。

Protection Settingsをする場所を設定します。

contact form 7設定

contact form7

contact formのプラグインを入れている場合は、チェックする。

保存を忘れないようにしてください。

後の設定は、ご自身が利用している場合、設定しておいた方がいいでしょう。

自分でコミュニティーなどを立ち上げている人向けのようです。

私は、ブログなので残りの設定はしていません。