ビジュアルエディターでテキスト編集する方法

今回、ビジュアルエディターを使っていて、テキストエディターが無い事に不便さを感じたんですが、

アフィリエイトを貼る時に不便だなと感じたので、調べてみると、

色んな方が説明されているエディター画面と、

少し違うかった事に気付いたので、今回同じ様に困っている人がいるかもと思い、記事にしてみました。

スポンサーリンク

今、現在のエディター

現在のエディターはこちらになります。

下の画像の、赤丸の所があれば、ビジュアルエディターで、直接HTML編集できるのです。

  • 3点縦に並んでいる所をクリック。
  • HTMLとして編集で編集する事が可能です。

それか、ブロックを追加する+マークの所から、カスタムHTML編集を選ぶと

直接、HTML入力できるようになります。

私の様に、現在このエディターになっていない人もいると思います。

そういった方は私が試した方法も試して見てはいかがでしょうか?

今まで使っていたエディター

エディター7

今使っている赤丸の所がなかったので、アフィリエイト記事を書くときに、

ショートコードじゃない場合(直接貼る場合)困ったのです。

一番上にある縦3つの点もいつの間にか無くなっていて、

ブロック変更の中の、+マークの所にも、カスタムHTMLがなかったので・・・

フォントサイズ変更の右側にある、HTML編集を使っても何も起こらず、

使い方があってるかどうかも分からないですが・・・

どうしたものかと考えました。

私が、今のエディターになった理由は分かりませんが、試した行動を振り返ってみました。

テキストツールバーを出す為にやったこと

Gutenbergを無効にすれば、旧ビジュアルエディター形式になると言う事で、

Cocoon設定から、エディターを選んで、エディター共通設定から、チェックを外して見ました。

エディター 共通設定

チェックを外して保存をして出てきた旧ビジュアルエディター

見比べてもらうとわかると思いますが、

一番右側に、テキストを直接編集できるツールバーが出てきました。

今回は広告を貼るために、こちらから直接編集したんですが、

結局どっちが使いやすいのか分からなくなったので、もう一度Gutenbergにチェックを入れて保存しなおしました。

すると!

以前使っていたビジュアルエディターと、保存をやり直して出てきた画面が変わっていました。

分かった理由

これは私の勝手な解釈ですが、ワードプレスのアップデートと、Cocoonのアップデートで、何かしらの不具合が起きていたのかもしれません。

いざ使おうと思った時、あれ?って思う事もあると思います。

今回、たまたま、このような結果が出ましたが、

直接HTMLはどちらのエディターでも記入することが出来るようになりました。

もし、私と同じような症状で悩んでらっしゃる方は、試してみて下さい。

  • Gutenbergを、チェックを外して保存。
  • Gutenbergにチェックを入れて保存しなおす。

私がやった行動はこれだけなので、どうしてこうなったかは分かりません。

なので、同じ様にならないよって場合は、私にも判りかねます。すみません。

どっちが使いやすいか?

これは、ホントに好みの問題だと思います。

色んな方の、エディターの説明画面は人それぞれさまざまで、自分が使いやすい形で、使っているんだと思います。

色んな事を自分で出来る方は、もともとテキストバーがある方を利用されているのかもしれません。

私の場合は、広告を貼りたかっただけなので、一番最初の写真のエディターを利用させて頂いてます。

Cocoonの便利な記事装飾は、どちらエディターでも使うことが出来ました。

自分が、記事を書きやすい方で利用されればいいと思います。