Luxeritasカスタマイザー設定 【圧縮・最適化・高速化】

Luxeritasは、初期設定でも初心者にでも簡単に出来るWordPressのテーマです。

私も、ほんとに初期設定を簡単に済ませて、記事を書いていましたが、慣れてくると、いろんな設定をきちんと調べて、

設定してくなったので、一つずつ設定していっています。

今日は、高速化をメインに設定していってみます。

スポンサーリンク

圧縮・最適化設定

ダッシュボードからLuxeritas➡ 圧縮・最適化へ

Left Caption
tonton
HTMLの圧縮率は  に変更しました。

さほど変わらないのかもしれませんが、一応変更してみました。

CSSは、親と子のCSSを結合して圧縮するにしました。

どんな状況であっても、「親と子のCSSを結合して圧縮する」がベストです。

子テーマ CSS は、圧縮しても、結合しても、style.min.css と名前が変わるため、元の style.css は、そのままで、中身が書き換わることはありません。

安心して圧縮してください。

※Luxeritasブログ引用

と、Luxeritasのるなさんが書かれていたので、ベストな状態にしました。

Javascript

ここは、誰かのブログを見て、そのまま設定していたのですが、

子テーマ編集のJavascript に何も書かないなら「必要ない(読み込まない)」がベスト!

この意味が分かっていなかったんですが、

私は子テーマ編集に何も記載していないので、必要ないがベストだとわかり、設定しなおしました。

見よう見まね、誰かのマネの設定をそのままでも、全然、不都合はなかったんですが、

調べながら設定していってるので、自分のブログにあうようにしていってます。

このページを読んでいる人は、私の様に詳しい設定をしていこうと思っていると思うので、

参考にしてみてください。

高速化一括設定

tonton

私は高速設定にしてみました。

設定選択を選んで、保存を押すと、全部の設定が自動で設定されます。

推奨でも高速でも、選んで保存で大丈夫です。

そして、自分で変更したい箇所がある場合は、自分で変更して保存を忘れないようにしてください。

Font Awesomeの設定は非同期になっていますが、ページを確認しても問題なかったので、大丈夫だと思います。

CSS読み込み方法の設定は、カスタマイザー設定からでも設定できます。

 

 

 

そして、高速化のhtaccessを追記します。

高速化用 htaccess追記方法

最初、これをどこに追記するのか分からなくて、放置していたんですが、

皆、それぞれ、レンタルサーバーを借りていると思います。

レンタルサーバーにログインすると、FTPファイルがあると思います。そちらに追記していきましょう。

Left Caption
tonton
私の場合、ロリポップでサーバーを借りているので、そちらから設定しました。

ログインして、サーバーの管理設定から、ロリポップFTPへ

心配な方は、バックアップを取ることを忘れないようにしてください。

もとに戻したくなった時に、すぐに戻せるので。

 

ログインすると、FTPファイルの中に、htaccessのフォルダがあると思います。

こちらにフォルダに追記していきます。

高速化用 htaccessをコピー

赤枠より下の部分をコピー。

htaccessの中の、一番下のところに貼り付けます。

Left Caption
tonton
追記するだけですよ。間違っても、元のファイルに上書きしないようにしてくださいね。

貼り終わったら、保存して、アップロードします。

保存したら、赤枠のところをクリック!アップロード完了!

もし、元に戻したくなったら、バックアップしておいたFTPを上書きアップロードすれば元に戻せます。

私は、めんどくさいので、追記した部分を消して保存し、アップロードするので、バックアップはとらないですが、

この方法はあまりお勧めしません。

もし、この方法を試す場合は、何かあった時は自己責任でお願いします。

安全にいきたい場合は、バックアップを取っておいた方がいいですよ。